【顔画像】サウンドクルー盗撮の犯人は誰?名前は斉藤公平と特定!?

大手レコーディング会社であるサウンドクルー社で盗撮事件が発生していたことがわかりました。

当社のレコーディングスタジオの女性トイレに盗撮カメラを設置していたようです。

今回は、この事件で盗撮を試みた犯人が誰なのか調査してみました。

目次

サウンドクルー社で盗撮が行われていた

今回、株式会社サウンドクルーにて、盗撮が行われていたことがわかりました。

この事件ではレコーディングスタジオの女性トイレの換気扇内にカメラが設置されていたという事です。

事件の経緯をまとめると以下の様になります。

  • 男性社員がレコーディングスタジオの女子トイレに盗撮カメラ設置
  • カメラは天井換気扇に隠す
  • トイレはアーティストも使用
  • 盗撮は2022年8月に発覚も、警察捜査が終わった2024年2月に公表
  • サウンドクルー社は「現時点で盗撮データの流出は確認されていない」「データから被害者の特定はできない」と説明

今回の事件は、すでに警察へ届出がされており、犯人である男性社員はなんらかの罪に問われる可能性が高いです。

また、サウンドクルー社は当社員を懲戒免職の処分としたことを発表しています。

【顔画像】サウンドクルー盗撮の犯人は斉藤公平?

こちらは、どこからのルートから流出した社内メールの内容です。

このメールによると「斉藤公平」という人物が犯人のようですね。

斉藤公平の顔画像に関しては、現在のところ公表されていません。

今後、警察の捜査により逮捕に至れば顔画像も報道される可能性があります。

サウンドクルー社は、懲戒免職にしたということですが、当社員は2月まで通常通り働いていたそうです。

サウンドクルー社盗撮の被害者は誰?

サウンドクルー社の盗撮事件において、注目されているのが一体誰が被害に遭ったのかという事です。

大手レコーディング会社でもあるため、錚々たる面々がトイレを利用している可能性があります

上記は、過去にサウンドクルー社が担当したアーティストやイベントに関する情報です。

かなり有名な方も多く女性歌手やグループも多く、被害が心配されますね。

当社の発表によると、

「データから被害者の特定はできない」

と説明されていることから特定は難しい状況のようです。

ただ、犯人が判明している以上、本人の証言から被害者が割り出される可能性はあるのではないでしょうか。

女児わいせつ事件の犯人も所属している?

X(旧Twitter)の人気インフルエンサーである「滝川ガレソ」氏によると、女児わいせつ事件を起こした犯人もサウンドクルー社に所属していると言うのです。

この情報に関して詳しく調べてみたところ、下記の事件の犯人である可能性が高いようです。

小学生の女児の体を触ったとして、埼玉県警川口署は20日、強制わいせつの疑いで、東大大学院博士課程1年の内藤慶一容疑者(26)を逮捕した。

引用:https://www.sanspo.com/article/20140721-DC7WRLJWURP77ABP6ETSDEPKPU/

このニュースで逮捕されたのは、内藤慶一容疑者です。

埼玉県川口市内の書店で、当時小学校4年生だった女児の下半身を触ったとされています。

その他、サウンドクルー社にはパワハラやセクハラの被害に関してもリーク情報が流れているようです。

社名:株式会社サウンドクルー
住所:〒143-0006 東京都大田区平和島5丁目10−3

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次